蔵元紹介

TOP > 蔵元紹介

拝啓、お酒を愛する皆様へ

■酒造りに最適の環境

蔵主 中元英朗

奈良県五條市は、“明治維新の魁”といわれる『天忠組』ゆかりの地です。大和盆地の南西に位置し、北に金剛山、南に近年世界遺産にも登録された紀伊の山並みをはるかに眺め、市の中央を吉野川が滔々と流れる風光明媚な土地でもあります。
その五條の地に、五條酒造が創業したのは大正13年。初代・中元藤浩が、吉野山系に鉱脈を見つけたのを機に、さまざまな経営に乗り出したうちのひとつであったと伝え聞きます。山々に囲まれたこの地は、ことのほか酒造りに適しておりますようで、冬ともなれば、金剛山から冷たい北風が吹きおろし、酒造りに最適なやや軟水の伏流水が井戸に溢れます。恵まれた環境の中、伝統の但馬流の造りで酒を醸し、近隣の方々に、『五神』の銘柄でご愛飲いただいております。

■地元から全国へ

「五條市に『五神』のない店はない」─といわれるほど、長らく地元で愛されて参りました。ほぼ100%のシェアを、五條市と隣の十津川村で占められた、まさに“地酒”でありました。その後、地元の方々にご贈答に使っていただき、その先様から直接のご用命をいただくことが増えてまいりました。地元以外の方々から「おいしい」との評価をいただき、少しく自信を深めて、百貨店などに置いていただくようになりました。大阪ミナミ、心斎橋、梅田のホテルや料理屋さんなどでも、ご愛用いただいております。
昔ながらの手作りの良さを残しながら、近代設備も取り入れ、地元で一番人気を誇る『五神・金ラベル』に加えて、純米酒、吟醸酒造りにも力を注いでいます。
流通経路の進展も背景に、もっと多くの方々に喜んでいただけるよう日々、努力邁進しております。

■品質第一主義

『常にお客様に喜んでいただけるおいしいお酒』非常に簡単な言葉ですが、私共メーカーに取っては一番大切な努力目標でもあります。
近年は製造設備と技術力の向上のため、どこのメーカーでもそれぞれに良い酒ができるようになってまいりました。しかし大切な事は酒の種類に合わせて如何に熟成させるかだと考えています。
清酒のできたままの出荷は一般に『しぼりたて』と称して、製造された清酒のごく一部に過ぎません。大部分は貯蔵されて熟成出荷されます。弊社では製造そのものに力を入れることは勿論ですが、種類に応じて氷温以下から25度の範囲の温度で、それぞれの酒に適正な熟成をさせるべく大変神経を使っています。
これによって良いお酒の喩えに云われる“秋晴れのするお酒”にもなるのです。

代表取締役 中元 英朗 拝

中元 英朗:なかもと ひであきら
昭和7年生まれ。早稲田大学第一理工学部土木工学科卒。阪急電鉄入社、経営調査室次長を経て、昭和57年、3代目五條酒造(株)取締役社長に就任。
「2代目は、若い頃デザインの道を志し、酒造業を弟に託して、横浜の工業試験場に勤めた時がありました。これが父親で、それで私は横浜に生まれ、以降、故 郷である五條に縁遠いまま、半生を東国で過ごしました。やっと関西に戻りましても、阪急電鉄で、橋梁やトンネルの設計などしておりまして、齢50を前にし て戻ってくることになりました。次男ですから、酒造りに携わるとは思いも寄らぬことでしたが、色々勉強して、私なりに可愛がっていただける酒を造っていき たいと考えています」

会社概要

社名 五條酒造株式会社
代表者名 中元英朗
住所 〒637-0004 奈良県五條市今井1丁目1-31
電話番号 0747-22-2079
FAX番号 0747-25-3646
E-mail info@sake-goshin.com
創業 大正13年
銘柄名 五神

アクセス

JR和歌山線「五条駅」より徒歩3分。
お車でお越しの場合は、国道24号線「五條3」の信号を「五条駅」方面へ、右手に関西アーバン銀行のある「須恵」の信号を右へ曲がるとすぐ五神の看板が見えます。

google map

壷中庵

■茶室“壷中庵”(こちゅうあん)

1800坪の敷地内に大正時代のものと思われる吉野杉の酒樽を利用して作った茶室“壷中庵”(こちゅうあん)があります。きちんとにじり口や水屋があり、炉も切ってあります。底が窄まった丸い樽に、開け閉めのできる障子をつけるのが何より大工さん泣かせでした。